地盤調査で建物の安全性を測る

住宅の瑕疵担保保証を行う上で地盤調査は必ず必要となる項目といえます。どんなに頑丈な住宅を建築してもその住宅が建っている土地が貧弱ではトラブルが発生する可能性は多くあるのです。地盤に関しては地盤調査を行った会社が保証をするというのが一般的です。建築会社とは関係のない第三者機関が保証するケースもあれば建築会社の子会社に地盤調査を行い地盤を保証する会社を持っている建築会社もあります。保証する会社が異なれば地盤改良の有無や改良の度合いも大きく異なることがあります。 ある建築会社では地盤改良が必要と判断されたにもかかわらずほかの建築会社での地盤調査では地盤改良は必要ないといわれるケースもあるのです。当然保証があるのであれば地盤改良が必要ない建築会社で住宅を建築したいと考えるのが当然です。

地盤調査は建築会社が住宅を建築するうえでは必ず必要とする項目の一つですのでどの建築会社でも行います。契約前に調査を行う会社もあれば建物の請負工事契約を結んでから調査を行う会社もあります。建物の請負工事契約前に地盤調査を行うケースでは建物の契約が成立しなければ調査費用をもらう会社もあれば請求されない会社もあります。とはいえ費用を支払っても他社の建物とは重量や配置が異なる場合も多く建築会社が変われば調査をし直しというケースが多いのです。 改良工事といっても土の置き換え工事や柱状改良、鋼管杭など様々な工法があります。支持地盤の深さや地盤の軟弱度によって工法が調査会社から指定されます。場合によっては複数の後方から選択できるケースもあります。しかし補強が必要と判断されれば数十万円から数百万円の費用が掛かるケースもあります。